あがり症 人前で緊張 改善ナビ

あがり症について

あがり症とは、人前に出ると緊張して声が出なくなったり話せなくなったりする症状で、
強迫神経症の一種です。

 

顔が赤面する人や人の視線が気になるといった症状も現れ、対人恐怖症と
同様な症状と考えられます。

 

根本的にあるのは人から変に思われているのではという不安であり、あがり症
も対人恐怖症も同じです。

 

誰しも初めて合う人の前や大勢の人の前で何かをする時には気を遣うのが
普通ですが、それが度を越してしまった時にこういった症状が生まれます。

 

度重なるたびにどんどん慢性的に気持ちが囚われるようになり、
普段から他人の考えや視線が気になり、常に緊張や動悸が治まらなくなると
非常に苦しい状態となります。

 

あがり症の中に含まれる症状はたくさんあり、赤面症や赤面恐怖症、
予期恐怖震え恐怖、笑顔恐怖症、表情恐怖、多汗症、正視恐怖、視線恐怖症、
雑談恐怖、ガスおなら恐怖症、劣等感などもあがり症の一種と考えられています。

 

集団行動を重視する日本社会では社会的抹殺を非常に恐れるという風土があり
それがこういった症状を強めているとも考えられます。

 

常に人の顔色を伺っていたほうが保身となるという風潮も確かに存在しますので、
文化的に対人恐怖のような症状が助長される部分もあるのかもしれませんね。

 

あがり症に悩む人は克服にために交際術の習得に努めたり心理学の勉強を
始めたりするケースもあります。

 

但し、独自でこのような対処を始めても解決には至らないケースがほとんどで
まずは根本にある原因を理解することが第一歩となります。