あがり症の漢方薬

スポンサードリンク

あがり症に最適な漢方薬

漢方薬は基本的に副作用が無く、効き目が自然な生薬なので、
神経性の症状にはとても優しく一般的な西洋薬よりも体への
負担が少なくなります。

 

ただし、即効性がないので効き目が表れるまで長い期間がかかるのが
基本で、体質改善を目的としたものが多いです。

 

そんな漢方薬で、あがり症に効果がある市販薬も多くなってきました。

 

本来なら漢方専門の薬局で自分だけのために漢方を出してしてもらうのが
おすすめなのですが、漢方薬局が近くにない、とにかくドラッグストアで
手に入れたいという場合には、第2類医薬品に指定されている市販薬の
アロパノールという薬があります。

 

漢方であがり症に効き目があるとされる代表的な薬は、筋肉を
リラックスさせて心身のバランスを良くし、神経の高ぶりをおさえる
抑肝散(よくかんさん)などが有名です。

 

他には気持ちを落ち着け平常心を保ってくれる柴胡加竜骨牡蠣湯
(さいこかりゅうこつぼれいとう)も良く使われます。
物理的に赤面をどうにかしたいという人は、赤面を抑える半夏厚朴湯
(はんげこうぼくとう)もあります。
どれも高ぶりやすい神経を鎮めてあがり症に効果を発揮してくれる漢方です。

 

飲めば誰でも効くというものではなく、一人ひとりに合う処方が必要と
される漢方なので、本当は専門家による判断が必要なのですが、
市販薬のアロパノールは先ほど挙げた抑肝散(よくかんさん)を
使っています。

 

薬局やドラッグストアでも、通販サイトでも購入することが可能なので、
まずは気軽に試してみても良いかもしれません。

スポンサードリンク

あがり症を改善できる漢方薬でおすすめ出来る薬とは関連ページ

克 服
あがり症との克服は交際術を学んだり、心理学の勉強することではなく人間が緊張を感じたり、不安を感じたりするのはごく普通のことです。
治 療
あがり症の治療には専門の医療機関で診てもらう必要があります。まずは心療内科か精神科の受診が良いでしょう。
心療内科
あがり症の治療で心療内科はどのような病院で診察してもらったら良いかについて解説しています。
あがり症治療で薬などで症状を改善していくのにはたいていは抗不安薬を中心に処方されます。
催眠療法
あがり症の改善で催眠療法があります。その人の潜在意識に働きかけて無意識の感じ方の変化させるものです。
認知療法
あがり症の認知療法とは思考回路を自分で認知して少しずつあがり症を克服していく治療方法です。
話し方教室
あがり症の話し方教室などで人前での話し方の訓練をして少しずつ自信を付けていく治療法などがあります。
インデラル
あがり症改善のくすりにインデラルがありますが、これは薬局などは売られていない薬で主治医が主に処方してくれます。この薬は心拍数わ抑える働きがあります。
市販薬
あがり症に効果的な薬を一般のドラッグストアの範囲で購入することは可能です。 成分配合量がそんなに高いものはありませんので作用は緩やかですが、気持ちが安まるという効果もありますから、安心出来ます。
抗不安薬
あがり症で処方される薬は抗不安薬と抗うつ薬ですが、こうした薬であがり症が治るわけではありません。 ただ、仕事をするにも生活するにもサポートは必要ですので、無駄なことではありません。