あがり症の催眠療法

スポンサードリンク

あがり症の催眠療法で改善させる。

あがり症の改善に催眠療法というものがあります。

 

薬物による治療ではないため安心出来ると考える人もいて、比較的人気が高い
ようです。

 

催眠療法は、心の持ち方、物事の感じ方を変えていくことで克服を目指す療法です。

 

催眠療法では催眠によって人を変性意識状態へ導き、その人の潜在意識に働き
かけることで無意識の感じ方を変化させるというものです。

 

人が考えて行動する基本的なベースは約90%以上が潜在意識によるという観点
に立ち、そこへ働きかけることであがり症につながる考え方を変えて行きます。

 

よくテレビなどでやっている催眠術などとは根本的に異なるもので、医学的に
確立したものと言われています。

 

精神的なトラウマを抱えた人の心を治療する際などに用いられる治療法で、
専門のカウンセラーや催眠療法士による施術が必要です。

 

一般的には楽な姿勢を取れるソファなどに横になり、睡眠と覚醒が半々の非常
にリラックスした状態を作り出すことで心理的なガードを解き、思い込みなど
のない状態で意識を変えていくための暗示を行います。

 

つまりは患者の側が本当にリラックスして潜在意識に届く状態でなければ効果
はありませんので、施術する側と患者側との信頼関係が非常に重要となる施術です。

 

催眠療法はとても効果のある人も確かにいますし、人前で話すことが楽しみに
なったというほど変貌を遂げた人もいます。

 

反対に、まったく何の効果も得られない人も存在しますので相性や患者の性格
が非常にポイントになる療法です。

スポンサードリンク

あがり症の催眠療法効果とは関連ページ

克 服
あがり症との克服は交際術を学んだり、心理学の勉強することではなく人間が緊張を感じたり、不安を感じたりするのはごく普通のことです。
治 療
あがり症の治療には専門の医療機関で診てもらう必要があります。まずは心療内科か精神科の受診が良いでしょう。
心療内科
あがり症の治療で心療内科はどのような病院で診察してもらったら良いかについて解説しています。
あがり症治療で薬などで症状を改善していくのにはたいていは抗不安薬を中心に処方されます。
認知療法
あがり症の認知療法とは思考回路を自分で認知して少しずつあがり症を克服していく治療方法です。
話し方教室
あがり症の話し方教室などで人前での話し方の訓練をして少しずつ自信を付けていく治療法などがあります。
インデラル
あがり症改善のくすりにインデラルがありますが、これは薬局などは売られていない薬で主治医が主に処方してくれます。この薬は心拍数わ抑える働きがあります。
市販薬
あがり症に効果的な薬を一般のドラッグストアの範囲で購入することは可能です。 成分配合量がそんなに高いものはありませんので作用は緩やかですが、気持ちが安まるという効果もありますから、安心出来ます。
抗不安薬
あがり症で処方される薬は抗不安薬と抗うつ薬ですが、こうした薬であがり症が治るわけではありません。 ただ、仕事をするにも生活するにもサポートは必要ですので、無駄なことではありません。
漢方薬
漢方薬は即効性はありませんが副作用や体への負担が少なくなります。 漢方薬で、あがり症に効果がある市販薬は第2類医薬品に指定されている市販薬のアロパノールという薬があります。