あがり症 心療内科

スポンサードリンク

あがり症の治療での心療内科とは

「あがり症は心療内科受診を」と書いてある広告も目にしますがいささか疑問
を持たずにはいられませんね。

 

精神的な根本理由がありその障害が内臓分泌系に現れているのであれば診療内科の
管轄でしょうが、問題が精神科の管轄である症例のほうが多いというのが率直な感想です。

 

昔、精神科というイメージが悪すぎて心療内科という看板を掲げた開業医が増
えたとも聞きますが、正直なところ心療内科は内科ですので、内科医に精神的
な治療薬の理解があるとは思えません。

 

行ってみたら医師ではなくカウンセラーに丸投げで、薬物治療のノウハウもな
いといったお粗末な病院には、かかる意味はないでしょう。

 

精神科は神経科ですので、脳神経外科などと一緒に開業している専門医であれ
ばおそらく心療内科でも問題はないと思います。

 

受診する前に、精神科治療が受けたいという旨をはっきり伝えて、民間のカ
ウンセラーと同じような治療しか出来ないような心療内科からは離れることを
お勧めします。

 

同じような問題がうつ病などの治療で問題になっており、本来精神科を受診す
べきところを心療内科へ通っているため思うような薬物治療が受けられないと
いった問題が起きています。

 

これだけ近代化した日本ですから、今更精神科に対する偏見など持っている
場合ではありませんので、専門の見極めは当然行わなければいけません。

 

歯が痛ければ歯医者に行きますし、目が悪いなら目医者に行きます。
精神疾患は本来精神科が専門ですから間違いの無いようにしたいものですね。

スポンサードリンク

あがり症の心療内科関連ページ

克 服
あがり症との克服は交際術を学んだり、心理学の勉強することではなく人間が緊張を感じたり、不安を感じたりするのはごく普通のことです。
治 療
あがり症の治療には専門の医療機関で診てもらう必要があります。まずは心療内科か精神科の受診が良いでしょう。
あがり症治療で薬などで症状を改善していくのにはたいていは抗不安薬を中心に処方されます。
催眠療法
あがり症の改善で催眠療法があります。その人の潜在意識に働きかけて無意識の感じ方の変化させるものです。
認知療法
あがり症の認知療法とは思考回路を自分で認知して少しずつあがり症を克服していく治療方法です。
話し方教室
あがり症の話し方教室などで人前での話し方の訓練をして少しずつ自信を付けていく治療法などがあります。
インデラル
あがり症改善のくすりにインデラルがありますが、これは薬局などは売られていない薬で主治医が主に処方してくれます。この薬は心拍数わ抑える働きがあります。
市販薬
あがり症に効果的な薬を一般のドラッグストアの範囲で購入することは可能です。 成分配合量がそんなに高いものはありませんので作用は緩やかですが、気持ちが安まるという効果もありますから、安心出来ます。
抗不安薬
あがり症で処方される薬は抗不安薬と抗うつ薬ですが、こうした薬であがり症が治るわけではありません。 ただ、仕事をするにも生活するにもサポートは必要ですので、無駄なことではありません。
漢方薬
漢方薬は即効性はありませんが副作用や体への負担が少なくなります。 漢方薬で、あがり症に効果がある市販薬は第2類医薬品に指定されている市販薬のアロパノールという薬があります。