あがり症 インデラル

スポンサードリンク

あがり症をインデラルで改善していく

あがり症の改善薬の中に、「インデラル」という薬があります。

 

これは通常のドラッグストアなどで売られている薬ではありませんので、
病院にかかって主治医が必要と認めた場合に処方されるものです。
インデラルというのは比較的よく知られたあがり症の薬で、βブロッカーと
呼ばれる種類のものです。

 

このタイプの薬は心拍数を抑えるはたらきがあり、このことがあがり症特有の
症状を軽減してくれます。

 

私たちは、緊張した時には手足がブルブル震えたり、声がかすれて出なくなっ
たり、息が苦しくなったりしますよね。
これらはすべて心拍数が上がることが原因です。

 

だから反対に心拍数が上がるほうを抑制してしまえば、緊張によって現れる
症状も出てこなくなるというわけです。
精神的なプレッシャーで脈が早くなるのを止めてくれるのですね。

 

とても有効な薬ですが、副作用もあり、めまいやふらつきが起きたり、倦怠感
や血圧の降下が認められます。
多様すべき薬ではありませんし、飲み方は主治医の指示に従ってください。

 

大勢の人前で何かを話さなくてはいけなくなった時に、インデラルのおかげで
平常心のままスムーズに話すことが出来たとすれば、そのうちにそうした状況
そのものに慣れて自信をつけられることも考えられます。

 

そうすればいずれ薬を飲まなくてもたいして緊張しなくなり、いつでも平常心
を保てるようになれる可能性もありますね。
あがり症の改善薬は、そんな使い方をするためのものなのです。

スポンサードリンク

あがり症インデラル関連ページ

克 服
あがり症との克服は交際術を学んだり、心理学の勉強することではなく人間が緊張を感じたり、不安を感じたりするのはごく普通のことです。
治 療
あがり症の治療には専門の医療機関で診てもらう必要があります。まずは心療内科か精神科の受診が良いでしょう。
心療内科
あがり症の治療で心療内科はどのような病院で診察してもらったら良いかについて解説しています。
あがり症治療で薬などで症状を改善していくのにはたいていは抗不安薬を中心に処方されます。
催眠療法
あがり症の改善で催眠療法があります。その人の潜在意識に働きかけて無意識の感じ方の変化させるものです。
認知療法
あがり症の認知療法とは思考回路を自分で認知して少しずつあがり症を克服していく治療方法です。
話し方教室
あがり症の話し方教室などで人前での話し方の訓練をして少しずつ自信を付けていく治療法などがあります。
市販薬
あがり症に効果的な薬を一般のドラッグストアの範囲で購入することは可能です。 成分配合量がそんなに高いものはありませんので作用は緩やかですが、気持ちが安まるという効果もありますから、安心出来ます。
抗不安薬
あがり症で処方される薬は抗不安薬と抗うつ薬ですが、こうした薬であがり症が治るわけではありません。 ただ、仕事をするにも生活するにもサポートは必要ですので、無駄なことではありません。
漢方薬
漢方薬は即効性はありませんが副作用や体への負担が少なくなります。 漢方薬で、あがり症に効果がある市販薬は第2類医薬品に指定されている市販薬のアロパノールという薬があります。