あがり症の市販薬

スポンサードリンク

市販薬であがり症の改善してくれるものがあるのか

あがり症を克服するために、一般のドラッグストアで購入出来る
範囲で気持ちを落ち着けることの出来る薬はあるのでしょうか?

 

心療内科や神経科などに行くと、ずっと飲み続けなければ
いけない治療薬などの処方になりますので、そこまでではない
のだけれど・・・という人はなんとか作用の軽めのものを探したく
なるかもしれません。

 

一般的なドラッグストアで売られている範囲であれば、成分配合量
がそんなに高いものはありませんので、基本的には服用方法をきちん
と守れば大きな問題は起きないでしょう。

 

ただしそれだけ作用は緩やかですから、効き目をあまり感じられない
という人もいるかもしれません。

 

ただ、あがり症が出そうな時に、事前に頓服的に飲んでおけば気持ち
が安まるという効果もありますから、安心して臨めるという点ではきちん
と意味はあります。

 

効果が期待出来そうな一般薬をリストアップしてみましょう。

 

イララック(小林製薬株式会社)
成分は植物由来のもので、リラックス効果があります。

 

ロート和漢箋(ロート製薬株式会社)
憂うつや不安感を緩和し、不眠なども改善する漢方薬です。

 

メンテック(エーザイ株式会社)
薬用植物で神経をやわらげます。

 

アロパノール(全薬工業株式会社)
植物性の生薬で、神経症や不眠症の改善をします。

 

パンセダン(佐藤製薬株式会社)
いらいらや興奮を鎮めてくれる作用があります。

 

奥田脳神経薬(奥田製薬株式会社)
イライラ解消と不安感の改善で、生薬とブロムワレリル尿素が
配合されています。

スポンサードリンク

あがり症に効果的な市販薬はあるのか関連ページ

克 服
あがり症との克服は交際術を学んだり、心理学の勉強することではなく人間が緊張を感じたり、不安を感じたりするのはごく普通のことです。
治 療
あがり症の治療には専門の医療機関で診てもらう必要があります。まずは心療内科か精神科の受診が良いでしょう。
心療内科
あがり症の治療で心療内科はどのような病院で診察してもらったら良いかについて解説しています。
あがり症治療で薬などで症状を改善していくのにはたいていは抗不安薬を中心に処方されます。
催眠療法
あがり症の改善で催眠療法があります。その人の潜在意識に働きかけて無意識の感じ方の変化させるものです。
認知療法
あがり症の認知療法とは思考回路を自分で認知して少しずつあがり症を克服していく治療方法です。
話し方教室
あがり症の話し方教室などで人前での話し方の訓練をして少しずつ自信を付けていく治療法などがあります。
インデラル
あがり症改善のくすりにインデラルがありますが、これは薬局などは売られていない薬で主治医が主に処方してくれます。この薬は心拍数わ抑える働きがあります。
抗不安薬
あがり症で処方される薬は抗不安薬と抗うつ薬ですが、こうした薬であがり症が治るわけではありません。 ただ、仕事をするにも生活するにもサポートは必要ですので、無駄なことではありません。
漢方薬
漢方薬は即効性はありませんが副作用や体への負担が少なくなります。 漢方薬で、あがり症に効果がある市販薬は第2類医薬品に指定されている市販薬のアロパノールという薬があります。