あがり症にはイメージトレーニング

スポンサードリンク

あがり症にはイメージトレーニングが何故有効なのか

あがり症の克服に、イメージトレーニングを導入しているクリニックなどもあります。
イメージトレーニングと言えば、スポーツ選手などが自分の理想とするフォームや
勝つシーンなどを思い描くことで良く知られていますよね。

 

本番で、想像した通り自分のベストの動きが出来るように、日常から常に頭の中で
ひたすらイメージを繰り替えるトレーニングになります。

 

これをあがり症の人に適用するとすれば、自分がいつも失敗してしまう状況を
思い浮かべて、それがうまく行くように想像の中で変化させることでしょう。

 

最初はなかなか悪いイメージを払拭するのは難しいですし、想像すらしたくない
という気持ちが強いと思いますが、逆に言えば、いつも自分は「自分が失敗する
イメージばかりをトレーニングしている」ようなものです。
これではうまく行かないように無意識に誘導しているようなものですよね。

 

良いイメージをする時は、お風呂に入ってリラックスしている時などに、
ゆったりと行うのがコツです。

 

人前に出る、そして自然に話す自分の姿を思い浮かべて下さい。
そのまま自然に退場するところまで、何度も良いイメージを作りましょう。

 

 

ここでも、あまり欲を出して大成功する自分などを思い浮かべてはいけません。
それはそれで違うプレッシャーになり、緊張を呼んでしまいます。

 

あくまでも、イメージするのは「あがり症の症状が出ない自分」です。
何事もなく自然に話して終わるという普通のイメージを思い浮かべましょう。

スポンサードリンク

あがり症の克服にはイメージトレーニングを取り入れてみる関連ページ

ツ ボ
あがり症をツボの利用で改善していく方法についての解説になります。あがり症に効くというツボは「合谷(ごうこく)」が有名で簡単な場所にあります。
克服講座
あがり症を克服講座を受講して改善していく方法など詳しく解説しています。克服講座でいま一番有名なのは鳥谷朝代さんなどにも触れています。
対策プログラム
あがり症対策のプログラムで現在、注目されているのがとよだクリニックの院長である豊田早苗さんのあがり症対策プログラムが人気を集めています。
あがり症の芸能人
あがり症で悩んでいる芸能人も多数おります。芸能界は特殊な世界で常に人前で結果を求められており、相当のプレッシャーがあることも想像できます。
社会不安症
あがり症と社会不安症、SADの関係とは上がり症の中のひとつであり、恥しがり屋や内気で済まされない日常生活でも支障をきたす状態のレベルに当てはまります。
就職活動
あがり症で就職活動をして上手くいかないでそのまま、引きこもりになる方もいますので注意が必要です。周囲に理解してもらえず解決を難しくしている場合もあります。
挨拶が苦手
あがり症の人でも、社会に出て生活をしていれば人前で挨拶しなければいけない時があります。 「緊張するのが普通」と思って、あせらないことと、うまくやろうと思わないことが肝心です。