あがり症に効くツボで改善いていく

スポンサードリンク

あがり症のツボで改善していく

あがり症に効くというツボがあります。

 

あがり症のツボ押しは、強くしない、急がないというのが基本で、息を深く吸
って、吐きながら5秒押し、吸いながら5秒で離すというのが鉄則です。

 

吸う時は鼻から、吐く時は口から出来ればベストです。
この呼吸も併せて効くツボになっていますので、是非マスターしておきましょう。

 

まず、簡単な場所にあるのが「合谷(ごうこく)」です。
このツボは有名ですので、知っている人も多いでしょう。
手の甲の、親指と人差し指の骨の合流点前のくぼみです。
動機を抑えることで知られているリラックスのツボです。

 

血行が良くなることでも知られていますので、緊張し過ぎて肩がガチガチに
なったり頭が真っ白になったような時にも心強いツボです。

 

次が「神門(しんもん)」です。
手のひらの手首のしわをたどって小指のほうへ行くとくぼみがありますので、
その腱と腱の間がツボです。
呼吸を整えるツボとしても知られています。

 

最後に、手首の中央で指三本分下にある腱と腱の間のくぼみが
内関(ないかん)」です。
このツボはイライラを鎮める効果でも知られているツボです。

 

全部手の周りにあるツボなので、そっと自分で押せますね。
くれぐれも強く押さないこと、呼吸法を守ることが大事です。

 

東洋医学ではツボは経絡、つまり神経と神経の分岐点ですので、あがり症の
ような神経に関わる症状には、より効果が現れるはずです。

 

本当に正確なツボの位置は熟練の専門家でないと探し当てるのは難しいですが
ツボ周辺は押して痛気持ちいい感覚がありますので、自分に効き目のあるポ
イントを探しておくとより効果的ですね。

スポンサードリンク

あがり症をツボで改善してみる関連ページ

克服講座
あがり症を克服講座を受講して改善していく方法など詳しく解説しています。克服講座でいま一番有名なのは鳥谷朝代さんなどにも触れています。
対策プログラム
あがり症対策のプログラムで現在、注目されているのがとよだクリニックの院長である豊田早苗さんのあがり症対策プログラムが人気を集めています。
あがり症の芸能人
あがり症で悩んでいる芸能人も多数おります。芸能界は特殊な世界で常に人前で結果を求められており、相当のプレッシャーがあることも想像できます。
社会不安症
あがり症と社会不安症、SADの関係とは上がり症の中のひとつであり、恥しがり屋や内気で済まされない日常生活でも支障をきたす状態のレベルに当てはまります。
就職活動
あがり症で就職活動をして上手くいかないでそのまま、引きこもりになる方もいますので注意が必要です。周囲に理解してもらえず解決を難しくしている場合もあります。
挨拶が苦手
あがり症の人でも、社会に出て生活をしていれば人前で挨拶しなければいけない時があります。 「緊張するのが普通」と思って、あせらないことと、うまくやろうと思わないことが肝心です。
イメージトレーニング
あがり症の克服に、イメージトレーニングを導入しているクリニックなどもあります。 自分がいつも失敗してしまう状況を思い浮かべて、それがうまく行くように想像の中で変化させましょう。