あがり症で極度の緊張を改善

スポンサードリンク

あがり症で極度の緊張を改善していくには

あがり症の人が極度の緊張を改善しようと思っても、慣れでは
克服出来るものではありません。

 

あがり症と普通の緊張状態とを一緒に考えている人が意外に
多いですが、会議やスピーチで緊張するのは誰でも同じです。

 

どんなに役職の高い人でも、場慣れしている人でも、緊張はするものです。
経験の浅い人が極度に緊張したとしても、それはあがり症とは異なります。

 

あがり症は社会不安障害で、日常生活に障害が起こるほどの症状を指します。
エスカレートすると周囲への恐怖が大きくなり、通勤したり通学したり
することもままならなくなります。

 

恐怖を払拭するためにお酒を飲んだり薬を飲んだりし始め、自分に問題が
あるとして自己否定に走る場合もあります。
神経科などの専門治療が必要となる病気であり、治療を継続することで
徐々に回復に向かうものです。

 

人前で赤面や動悸、震えなどが起こって不安になりますが、それは誰でもあることです。
例えばそのシチュエーションを考えただけで恐怖になり、その場から実際に逃げてしまうようなら
あがり症を疑ったほうが良いでしょう。

 

戸惑いながらもなんとか成し遂げようと出来る人なら、練習と訓練で克服することは可能です。
ゆっくり複式呼吸をしたり、話す要点のほうに意識を集中したり、周りの誰の顔も見ないように
自分の視点をズラしたり、何度も何度もリハーサルをしたりすることで緩和することも出来るでしょう。
まずは、自分があがっていることを素直に認めて、それでいいのだと思うことです。

スポンサードリンク

あがり症で極度の緊張を改善していくには関連ページ

手が震え
あがり症で手の震えが出る場合、脳内で神経伝達物質である「ノルアドレナリン」が大量に分泌されています。 交感神経が刺激されて心拍数や体温、血圧があがり、全身に震えが出ます。
スピーチ
あがり症の人が社会生活の中でスピーチをしなければいけない場合、話す内容を絞って大筋のみをまとめるほうが逃げ場が出来ます。 実はみんなそんなに真面目に聞いてませんので、開き直りも必要です。
面接を受ける
面接だからあがり症を克服すると言っても無理ですから、あがり症でも面接をクリアするのだと考えましょう。 うまくやる必要もないですし、あがり症を隠す必要もありませんので、会話だけに集中しましょう。
脳のメカニズムとの関係
あがり症を理解するためには、あがり症の脳のメカニズムを知ることはとても良いことです。 使われるのは程度の違いはあれ正常な反応ですし、客観的に認識すればコントロールしやすくなる場合もあります。
克服セミナー
あがり症の克服セミナーは、あがり症が何に起因するかがある程度わかっているなら有効な場合もあります。 ただ社会不安障害は脳内物質の機能異常ですから、必ずしも成功体験だけで結果が出るとは限りません。
意識過剰
あがり症は自意識過剰が原因だという意見もありますが、話す内容のメモを書かないと 余裕がない分、自分自身のことにも意識が向く余裕すら無くなり、うまく行く場合があります。
あがり症との異なる点
対人恐怖症とあがり症は、同じような精神障害であっても、重症度によって分けられるとも考えられます。 いずれにしても区分けが非常に難しく、社会不安障害としてまとめられています。
呼吸法
あがり症を改善するには複式呼吸が大事だと言われています。 空気を取り込む時には腹筋で横隔膜をしっかり動かし、しっかり吐き切りましょう。 日常的にいつでも行うのがポイントです。
リラックス
あがり症の人がリラックス方法を探すのは難しいですが、普段から暗示をかけておくことが成功への道です。 あがらないことに意識を向けるのはやめて、自己流の方法で考えをいっぱいにしましょう。